FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いのは誰?STAP細胞・・・

STAP細胞~夢の万能細胞~。若返りも夢じゃない…。

華々しい謳い文句とともに発表された世紀の大発見が、実は捏造だったのではないか…?

そんな感じでこのところ世間を賑わせているスキャンダラスなニュースですが、研究所の調査委員会とかの記者会見や、研究者当事者の記者会見を見ていると、「またか…」というか、「はぁ~」とため息が漏れるような脱力感に襲われる。

華々しく一気に注目を集めただけに、問題があると倍返し以上の糾弾を受けるのが世の常とはいえ、個人で好き勝手に研究して言いたい放題、やりたい放題の結果で論文発表したら正確性に欠けてました~。とか、チョット見栄はって誇張して記載してみました~。って話じゃない。
少なくとも、所属している団体は国費で賄われている法人だし、雇われている職員、研究者には国費から対価が支払われているので、いわば準公人といってもいいはずだ。

そんな、組織と地位のある方々が「己の主張が正しい」、「責任は○○」って、最近では小学生でもやらないようなレベルの低い責任のなすりあいを、公共の電波を利用してやるのを見ていると情けなくなる。

何かあれば重箱の隅をつつくように粗探しをして責任を問うような管理者や上司、はたまた組織を人はどう思うのだろう…。

ハッキリ言って、「こんな奴らの下では働けない!」

最近、TVのCM(ロト7だったかな…)で上司と部下が役員会に呼び出され「何があっても俺がお前を守る」と、言いながら役員の前では「全く知りません」って、逃げる小心者の上司をコミカルに描いているけど、これは、コマーシャルでありある一面だけがデフォルメされているから笑えるけれど・・・。

STAP細胞の顛末もキッと似たようなものだろう。

ヒョットしたら、
上司
「この画像判りづらいから他のと差し替えたら…」
研究者
「でも、この実験で撮影できた画像これしかないんです。」
上司
「似たような画像あるから差替えとけば…」
研究者
「え~、でもこれは他の実験の途中で似たような症状が出たから撮影したやつですよ~」
上司
「大丈夫だよ。成果出てるんだろ~」
研究者
「え~、でも~」
上司
「みんな似たようなことして見てくれ整えてるでしょ~?」

なんて、軽~いノリで喋ってたのを真に受けちゃったのかもしれませんね…。

ま、真相は判らないし、個人的には泥試合するなら全てなかったことにすれば~って思う。

でも、本当ならば、直属の上司が、部下や若手がミスやチョンボをして組織や会社に迷惑がかからないように、丹念に丁寧に指導して最後の最後まで石橋をたたく慎重さをもって確認したうえで、背中を押してやるべきだったのではないかと思う。

業界によって若いとか、ベテランとか年齢では線引きできないだろうけど、少なくとも、今回のSTAP細胞の話を見る限り悪いのは、組織と上司って断言する。

サラリーマン時代の自分には、出来の悪いトラブル増殖マシンだった自分を「いつも注意深く見て、問題を起こす前に予見し口酸っぱく注意喚起」してくれ、どんな問題を起こしても全力でかばってくれた上司がいた。「石橋を叩いて壊す」くらいに慎重で手堅い上司を鬱陶しい存在、器が小さいなどと陰口をたたいたりもした。

だけど、振り返るといつも自分を庇い、擁護し続けてくれていた。

最近、そんな「男気」あふれる上司って居ないんですかね~。


追)森さん、その節は本当に馬鹿な部下でゴメンナサイm(_ _)m

営業支援_チラシ_ブログ用_140328

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾

Author:オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾
あれもしたい!これもしたい!もっともっとしたい!
経営コンサルタントとして起業し、数年が経ち自らの成長を実感しながらも、日々の忙しさから「やりたいこと」、「できること」、「やらなければならない事」がゴチャマゼ…
自らを奮い立たせ、夢の「カリスマコンサルタント」目指して日々精進!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ボトコラックス ハイアクアゲル

営業職のあなたに元気ややる気、勇気を与えたい!

アルバイトから正社員になって創業39年の3代目社長になった男のブログ

ビジネスモデルとBPMを考える

中小企業支援を志すSVの日誌
訪問者カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。