FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル

皆さんにとって、プロフェッショナルって何を意味しますか?

サラリーマン時代に上司、先輩から

トラブル、クレームを必死になって解決するのは「アマチュア」

トラブル、クレームが発生しないように先回りして対処するのが「プロフェッショナル」

って、耳にタコができるほど言われた。

でも、いっつもトラブル、クレームの嵐だったな~。

そういう意味で、自分は典型的な『アマチュア』でした。


でも、身近に『凄い!』、『さすがプロ!』って感嘆してしまう人っていますよね。今日は、そんなことを書いてみます。

随分前ですが、とある百貨店(まあ、名古屋にある百貨店のうちの一つなので1/5なんですが…)の紳士服売り場でトレンチコートを物色していたところ、某ブランドのショップにデザイン、カラー共に好みの1着を発見しました。

休日ということもあり、カジュアルな格好で出かけていたので試着するにもジャケットが無いからどうしようかと思案していると、40代後半の女性スタッフが気軽に試着を勧めてくれた。

そして、自分を一目見るなりジャケットのラックのところに行き、これまた自分の好みにピッタリのグレンチェックのジャケットを持ってきて
『このジャケットを羽織って、コートの試着してみて下さい』
と、手渡してくれた。

この間、数十秒の出来事です。

手渡されたジャケットを羽織ると、なんと『ジャスト サイズ!』

シルエットが分かりずらいカジュアルな装いで外見からは判別しにくいのに、体形(腹回りが既製品ではなかなか合わない)や普段の着用サイズを聞くこともなく、チラッと見ただけなのにピッタリのサイズでジャケットを勧められる。

この女性スタッフは、これまでにどれ位の男性客と接していたのだろう…。

体形に自信のない男性にとって、イチイチ体系を聞かれたり、着てみたらキツくて恥ずかしい思いをすることもない。

今までこんな接客は経験したことが無かった…。

某有名紳士服店でさえ、メジャーで測定してサイズを確認するのに…。

只々、驚いた。

さすが、老舗有名ブランドの接客だと思った。

『腐っても鯛』とはよく言ったものである。このブランドも親会社がM&Aで外国資本になったりと苦戦しているが、こういった『接客のプロフェッショナル』がいる限り存続すると感じた。

いろんな意味で、最近出会った最高のプロフェッショナルでした。


サラリーマン時代は、「アマチュア」から脱皮できなかったけど、コンサルタントとして「プロフェッショナル」と、クライアント様から言われ続けられるよう精進しよう!
経歴書_0320
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾

Author:オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾
あれもしたい!これもしたい!もっともっとしたい!
経営コンサルタントとして起業し、数年が経ち自らの成長を実感しながらも、日々の忙しさから「やりたいこと」、「できること」、「やらなければならない事」がゴチャマゼ…
自らを奮い立たせ、夢の「カリスマコンサルタント」目指して日々精進!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ボトコラックス ハイアクアゲル

営業職のあなたに元気ややる気、勇気を与えたい!

アルバイトから正社員になって創業39年の3代目社長になった男のブログ

ビジネスモデルとBPMを考える

中小企業支援を志すSVの日誌
訪問者カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。