FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランディングと立地

店舗立地

「立地が悪いと集客が出来ない」
集客に有利な面があるが、立地が集客の重要なファクターではないと、前回の記事で書きました。
それを判りやすく説明しているのが、上の画像です。

画像の左右のお店は、どちらも「お茶の専門店」です。両店とも、某ショッピングセンター内で、隣り合わせで出店をしています。
しかも、取扱商品は、両店とも「日本茶」、「抹茶」、「お茶関連商品」と、殆ど同じ産地、品種です。
立地=集客と考えれば、ショッピングセンターという立地で集客は出来ます。しかし、隣同士で同じ業態の店が並んでいると商圏(お客)の奪い合いとなり、売上効果を得るのが難しくなります。

このケースでは、両店とも一定規模の売上を確保しています。
その理由は、二つの店舗がそれぞれ自店舗の売りである
「特徴」と「一押し商品」
を明確にしているからです。
左側のお店は「Cafe」を売りにした店づくりと商品提案
右側のお店は「伝統的なお茶」を売りとした店づくりと商品提案

つまり、お店の「特徴」と「一押し商品」が明確になっているので、お客様が「お茶を飲むなら○○(左側の店)」、「お茶を買うなら○○(右側の店)」と、ブランディングされた店舗に来店することになるのです。

この事例から、集客をする上で重要なことは店舗の立地ではなく、
『お店の特徴』と、『お店の一押し』が明確になっている
『ブランディング』
にあるという事が理解いただけると思います。

貴方の会社、店舗の「ブランディング」は、出来ていますか?

この機会に、見直しては如何ですか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾

Author:オフィス キーウエスト 代表 寺澤進吾
あれもしたい!これもしたい!もっともっとしたい!
経営コンサルタントとして起業し、数年が経ち自らの成長を実感しながらも、日々の忙しさから「やりたいこと」、「できること」、「やらなければならない事」がゴチャマゼ…
自らを奮い立たせ、夢の「カリスマコンサルタント」目指して日々精進!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ボトコラックス ハイアクアゲル

営業職のあなたに元気ややる気、勇気を与えたい!

アルバイトから正社員になって創業39年の3代目社長になった男のブログ

ビジネスモデルとBPMを考える

中小企業支援を志すSVの日誌
訪問者カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。